2011年 6月 13日: 結城教室の閉鎖
残念なことに、2011年6月をもって、結城教室での授業を止めることをお知らせします。たくさんの生徒さんたちと、そこで学んだ、楽しい思い出があります。特に、印象深く残っているのは、久子さんがここを「卒業」して、英国北ウェールズのレクサムでソーシャル・ワーカーになるために、留学したことでした。有難いことに、結城でまだ勉強を続けている生徒さんたちは、7月から野木または下大野のどちらかの教室で授業を受けることができます。長い間、ここの教室を貸していただいた、菅井家の皆さまに深く感謝申し上げます。

久子さんからの手紙

結城の教室が閉鎖されたことを聞いて、とても残念に思っています。 もし私がハロー・イングリッシュ・スクールに行かなかったら、私は人生を変える決心はつかなかったことでしょう。

どういうことかと言うと、もし私があなたに会わなかったら、私は生きる目的を見つけられなかった、と思います。あなたが教えてくれた英語教室の中で、私はあなたが予期していないようなことを沢山尋ねました。ひょっとすると、これらの質問は、あなたを幾度も混乱させてしまったかもしれません。しかし、あなたが答えた言葉のひとつひとつが私の心の中に沁み入り、深く感動させられました。あなたは、私が求めていた、まさにぴったりの言葉で表現してくれたのでした。 結城のハロー・イングリッシュ・スクールの卒業生を代表して、私はここにあなたに感謝の言葉を捧げます。結城のハロー・イングリッシュ・スクールに深く感謝申し上げます!

敬具
久子より

下に久子さんが講師のジャネット、アンとスーと一緒に映った写真、およびレクサムにあるイェール大学の受付の建物(ウェールズ語でダービンファ)の写真があります。